メンテナンスの面からIH調理器とガスコンロの違いについて比較してみよう

IH調理器とガスコンロ

IH調理器のメリット

IH調理器のメンテナンス面におけるメリットは、トッププレートの手入れのしやすさでしょう。
天板はガスコンロと違って、五徳がなくフラットなので、油汚れなどの汚れは料理が終わった後すぐに雑巾で拭き取れば、簡単に落とすことができます。
また、こびりついてしまった汚れであった場合でも、月一程度の頻度で落としていれば、きれいな状態を保つことは容易にできます。このような汚れのケアは、なかなかモチベーションが上がらないものですが、IH調理器はトッププレートに関してはガスコンロよりもはるかにメンテナンスが容易である分、手入れが面倒だと考える人にも使いやすいと言えるでしょう。
ただし、IH調理器の利点は、メンテナンスが楽であるということであって、何もしなくてもいいわけではないので、その点を履き違えないようにしてください。

IH調理器のデメリット

IH調理器は、トッププレートに関しては手入れが簡単であり、そのことで多くの注目を集めがちですが、実はグリル内の手入れはガスコンロよりも大変である、という一面もあります。
取り外しが可能な部位は問題ないにしても、内部のクッキングヒーターには自力では落としきれない汚れが付着する場合もあり、そうなってしまうとメーカーのクリーニングサービスを利用せざるを得なくなってしまうかもしれません。
また、トッププレートにおいても、油汚れの手入れは簡単かもしれませんが、フライパンや鍋などの焦げ付きによって発生する汚れの手入れはとても大変です。
IH調理器はすべての部位において手入れが簡単なわけではないということを覚えておきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る