メンテナンスの面からIH調理器とガスコンロの違いについて比較してみよう

きれいな状態を保つために

きれいに保つための工夫

IH調理器やガスコンロをきれいに保つために最も効果的な調理のコツは、鍋やフライパンなどの調理器具に蓋をすることです。
普段は料理の最中で蓋を使用する人はあまり多くはないかもしれませんが、実は蓋を効果的に使えば、キッチンの油汚れを防止することができます。
具体的な場合を考えると、特に脂分の多い肉などの調理をする際には、蓋を利用すると油が天板に飛び散ることを防ぐことができるので使用後の掃除の手間を省くことができるでしょう。
鍋やフライパンに蓋をするという行為自体はとても簡単にできることのようなことですが、この小さな工夫ひとつで、IH調理器やガスコンロをよりきれいに保つことが容易にできるようになるので、普段から意識していくことがよいかもしれません。

心がけること

IH調理器でもガスコンロでも、使用後は汚れを放置しないことが大切です。
どんなに面倒でも、料理をした後はそのまま放置せずに拭き掃除をするようにしましょう。
ここでポイントになるのは、この拭き掃除は食事が済んでから行うのではなく、料理を終えてすぐ行う、ということです。
後回しにすればするほど放置してしまいがちになってしまいますし、汚れも取り除きにくくなってしますからです。
また、いくらIH調理器やガスコンロをきれいにしても、調理器具が汚れていると、その調理器具を使うたびにコンロに汚れが移ってしまうことがあります。
調理器具に焦げ付きなどの汚れが付着していた場合は、それをきれいに取り除いてから使うようにしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る